不動産投資を管理会社に任せる方法

投資用不動産を購入し、入居者が決まった後の管理をどうするか。お悩みになった方も少なくないと思います。設備の故障や家賃滞納等、そうした賃貸中の手間はオーナーにとってはかなりの負担となります。水道やキッチン設備等の不具合については、それが入居者の使用に原因があるものでない限りオーナー側の責任となりますので、業者の手配等に手間が掛ります。家賃滞納についても、滞納の都度に催促をしなければなりません。これらは時間も要しますし、修理業者の選別等、それなりの知識も要求されます。また、所有物件が少なければ負担も大きくはありませんが、一棟、二棟と所有件数が増えていくと、兼業でのオーナー稼業は時間的にも費用面でも難しい面が出てきます。そうした理由から多くの投資物件のオーナーは、不動産会社にある程度の手間と運用を任せています。その代行費用はもちろん必要となりますが、その分手間と時間は節約できますし、個人には欠ける専門的な知識も不動産会社は豊富なので、任せた方が結果的に安心、という事も多いからです。

賃貸管理の会社はどう選んだらいい?

賃貸管理を業者に任せる場合は、まずはサービス形態と費用を明確にしている業者を選んで下さい。業者のサービスは家賃の出納のみを行うものと、修理、敷金の精算等を含んだものに大別できます。それらの内容と費用を明確にしている業者を選んだ方が安心です。家賃出納なら賃料の何%が料金となるのか、修理は件数対応なのか月単位の一定料金なのか。敷金精算や家賃督促は別料金なのか。そうした点を細かく明確に説明する業者こそが、オーナーにとっては安心といえるでしょう。では、そうした業者をどう見つければよいのでしょうか。まずは物件のある駅の商店街に出向いてみて下さい。地域の業者が、どこにも何件かはあるはずです。店頭に募集のチラシを掲げている会社ならほぼ管理も行っていますので、入店してシステムがどうなっているのかを訊ねてみて下さい。そこで上記した条件に合致した返答があれば、有力候補としてチェックしておきます。続いて同じ商店街の他の業者、沿線のターミナル駅にある大手業者にも出向いて同様に訊ねて下さい。そうして浮かび上がる候補の中から、対応のよさそうな業者を選べばよいでしょう。

実際に面談をしてから業者を選ぼう。

ただ、賃貸物件を探している入居者は候補地に直接探しに行く方も多いのですが、最近はインターネットである程度候補物件を絞り、その上で業者を訪ねるケースも増えています。こうしたインターネットを利用するサービスは大手に分があります。昔ながらの個人経営店は、きめ細かなネットサービスとなると、大手にはまだ追いついていないのが現状なのです。となれば入居者斡旋には大手が有利となりますね。とはいえ日常の修理、滞納処理は地元の方がやはり対応が迅速になります。そうした理由から大手を一件、地元でも一件と、併せて二社に依頼するのがよいと思われます。その際には別にこの会社にもお願いしていると伝え、入居者を決めてくれた方にその後の業務も任せる等、きちんと線引きをしておく事が必要となります。投資物件を任せられる会社は様々です。きちんと対応するところもあれば、お金だけ取ってだらしない業務を行う業者も少なくありません。そうした理由から業者選別の際には、必ず実際に出向いて業者を判断するようにして下さい。ネット上の情報だけで決めてしまうと、後に後悔する事にもなりかねません。